刺繍・リメイク服作家rocoの子育て日記

刺繍、服作りの事、2人娘を子育て中の出来事、思いを綴った日記です。

もう一つのプレゼンテーマ④

ここまで書いてみて無理矢理ですが結論を出すと、

美しく、時に厳しく、偉大な自然の中でありのままでいられた自分に戻りたい。
そして、それを見守ってくれた祖母のように、自然のなかでありのままの自分として、まわりの人たちの居場所になりたい。

そんな私の理想像が浮かびました。


祖母は、飾らず構わず言いたい事を言い、やりたいことをやる人です。現在93歳でも元気でいられる秘訣なのだと思います。
9歳の時に両親を亡くすまで、山の中で小屋を転々としながら親の炭焼きの仕事をする傍らで野生児のように育ったらしいと聞きました。

だからなのか、子どもが好きで、だけど、撫で回して干渉してかかわるのでなく、放し飼いにしてただ存在を受け入れてくれる器の大きな人です。

近所の人、親戚、孫の友達、誰が来てもいつでも歓迎し、もてなすことが好きな、人が好きな人。とても自然体で。
あまりにそのままの人なので、一般常識的に言ってはならないこともサラッと言ってしまうので嫌われる事もあるけれど、本人は全く気にしていない。
これも長寿で元気の秘訣かもしれません。


そんな祖母みたいになりたいと、小学生の頃は農家のおばあちゃんになりたいと思っていました。

今漠然と描いているのは、
誰もが遊びに来たい時に来れる居場所として、自分の家をもちたい。
自然の恵みをうけられる、果樹や小さな畑があり、鶏やヤギを飼う。仲間と一緒に旬の恵みを調理できるように石窯を庭に作って、一緒に味わいたい。
旦那の夢は、その畑で採れたものを使って、お好み焼き居酒屋をすることらしいので、そのコラボも楽しみです。
自分の子どもも近所の子どもたちも一緒に自由に遊べる自然の中で暮らしたい。

その場所探しを今始めています。



そしてもう一つ、祖母に影響を受けた事と夢を次回書いてみます。